ちちのあたま、ははのあたま

昨晩のお風呂でのこと。

入れた入浴剤には『乳頭(温泉・秋田県)』の文字。

私:「あ、にゅうとうだって~。」

息子:「にゅうとうって、なに?」

私:「おっぱいのあたま!」

息子と夫:「!!おっぱいのあたま~??!!」と言いつつ、二人の瞳はキラキラ。

夫も「普通そっちに振る~??」と言いつつ、まんざらでもない様子。

男の人は『おっぱい』と聞くだけでも十分に幸せになれるようだ。

頬を赤らめ、二人ともケタケタ笑い、実にいい顔をしている。

 

 私:「おっぱいのあたま、どこしょい?」息子は私の乳房の上のほうを嬉しそうに押してみる。

が、そこじゃないのよね~。

私:「ここ~」と言って乳首を指さし「おっぱいの先っぽでした~!」と言うと、

それだけで男性陣は大歓喜。

歓声と共に湧き上がるお風呂。

「さきっぽオォォ~!!」と浴室内に響き渡る雄叫び!

まるでサッカーの応援じゃないかと見紛う光景だ。

 

そして、調子に乗ってつい口走ってしまった。

私:「男の人にも、さきっぽがある!!アタマもついているし!!」

我ながら、うまいこと言うたな~♪とほくそ笑んだのも束の間、

「うーん??(゜レ゜)」真顔で考え始めた息子を尻目に、眉をひそめた渋い表情の夫(ーー゛)。

(ちょっとっ!!、それ以上先を言わんでよ~(――〆))と言わんばかり。

うふふふ。ごめんごめん。亀さんの出番はまだ早かったみたい。

もうちょっと大きくなってから説明してあげるね。

え?母親からの説明は不要?そうなのーっ。。。

その後息子は「あ~、ち※ちんのあたまかな?!」と自己解決し事なきを得たのでした。

 

 K兄さん、Fちゃん、お帽子どうもありがとう☆

Posted : 2011-01-25 | Category : | | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment