こんな夢をみた 黒澤明

 

今から20年ほどの作品。

子供の時に観た。

狐の嫁入りを題材にした『日照り雨』と言う作品の不思議な雰囲気に取り込まれた。

オムニバスで8話収録だったのね。

断片的にしか覚えていなかったけど作品の中に放射能に関する描写があったことは覚えていて。

取り寄せて久しぶりに観たところ、衝撃的だった。

『赤冨士』

・・・6基の原発が次々と爆発、

可視化する為に着色された放射能が漂う地表・・・

(ロケーションこそ違えど、内容が昨今のニュースと類似)

20年以上前に、この作品の構想をしていた監督が今生きていたら、どう話すだろう。

20年以上前に、この話を考えていたんだよ?? 

20年先のことなんて、誰も想像できないよ?

こんなにも具体的に。

昨日3月23日は故・黒澤明の誕生日だったようです・・・。←今知った。 

 

Posted : 2011-03-24 | Category : 暮らし | | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment