拾い書きノート

記す行為が好きな私。こちらは自己啓発用ノートとでも言うかな…。初めは本を処分するときに心おきなく手放せるよう、お気に入りの内容や真似したい箇所などピンと来た一文を箇条書きに書き貯めていたのだけど、元気になりたいときなどに見返すと充電出来る効果もある。時々、こっ恥ずかしい箇所も見つけたりして笑えるし、その時によって頷く場所も変わったりして面白い。
ちなみに最初の拾い書きは中谷彰宏の本。時々いいこと書いてある。
『感性は
ドアをきっちり閉められない人
バターンと閉める人
静かに美しく閉める人
この三つの差』
『あいているのか、あけてあるのか、見えないものを感じとるのも感性。』
だとメモしている。
思わず振り返るこの2,3日。
扉の開け閉めたった一つの自然な仕草に
私の性格を見ている人がいる。
一番近くにいるしんちゃんだったりするんだ。げ!!
そしてそれは将来彼が連れてくるであろうお嫁さんに反映されるんだ。。。
やばい…両手が洗濯物で塞がっていて足で扉を開けちゃった私は
論外だ。。。(お行儀悪すぎです。)
「なにい~!?やっちまったなあ~!!」
今日から正さねば。今ならまだ間に合う。
…最近意識できていなかった自分に気がついただけでもノートの価値あり?

Posted : 2008-02-07 | Category : 暮らし | | No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment